オペラ

「小町百年の恋」

(全3幕)

​解説

<作品紹介>

「第23回国民文化祭・いばらき2008」委嘱で誕生した当作品は、08年11月つくば市のノバホールにおける世界初演で大成功を収め、早くも09年11月には牛久市および、東京公演が実施された。10年3月、文化庁後援による本格舞台規模での水戸再演の際には、台本、音楽面での改訂も施され、初演時はホール機構上の制約により1管編成であったオーケストラを通常2管編成に拡大し、さらに第2幕終盤の「火祭りの踊り」では、ダンサーを10名に増やして視覚的にもスケールアップを図り、“グランドオペラ”としての完成に至った。11年3月には、東日本大震災で一旦は中止となった公演が、地元関係者らの熱意により、8月に復興支援チャリティ公演として復活し、12年8月には“常陸国風土記編纂1300年記念”として土浦公演が開催され好評を博し、14年8月に次いで、15年8月土浦再演で8回目の上演、17年8月、東京での再演が成功し、18年10月茨城で10回目の上演を迎えるなど、急速に人気オペラとしての地位を確立しつつある。

<解説>

<批評>

“クライマックスでのテーマの回想は実に感動的”

“大スペクタクルを形成・・・ダイナミックで妖艶なバレエが魅せた”

“重厚な書法・・・ダイナミックなバレエまで加えたグランドオペラ”

                       『音楽現代 (日本)』

“心と心をつなぐ響き・・・時超える愛の力”

“感動を呼ぶ歌と演出に酔いしれた”

                        『茨城新聞 (日本)』

 

“「愛の二重唱」を高らかに歌い上げると、万雷の拍手・・・いつまでも鳴りやまぬ拍手”

                        『常陽新聞 (日本)』

©2016-2019 Hideaki Hirai Opera Chorus (H2O)

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-youtube
  • w-flickr